そもそもローンとは?

そもそもローンとは?

ローンの定義

ローンとはもともと貸し付けるという意味の言葉ですが、一般的にはお金を借りることをローンと呼び、借りる側目線から使われることが多くなっています。

定義としては毎月一定の金額を返済する方法でお金を借りることとなっていますが、もちろん余裕ができたときに一括返済や繰り上げ返済することも可能です。

同じお金を借りることにキャッシングがありますが、基本的にキャッシングとは借りた現金を翌日に一括返済することをいいます。

しかし現在ではキャッシングを利用した場合でもリボ払い(リボルビング払い)などが利用できることが多く、カードローンとキャッシングに大きな違いはなくなってきています。

以前に比べると現在のカードローンは借り手のことを考えたサービスが提供されるようになってきています。借りやすいだけではなく返済しやすい環境が整えられてきています。

キャッシングとカードローンの違い

目的別ローンとは?

住宅ローンやマイカーローン(自動車ローン)、教育ローンなどを目的別ローンといいます。

たとえば住宅ローンは新築を建てたり、またリフォームをするときなど住宅に関係する目的でお金を使いたいときに組めるローンになります。

目的別ローンはお金を何に使うのか目的がはっきりしており、なおかつその目的にしか使わないと約束できる人のためのローンになっています。

何にお金を使うのかはっきりしている分、目的を限定しないカードローンに比べると金利が低くなっているのが特徴です。

たとえば100万円お金を借りた場合、その後はあらかじめ設定された金額で返済を続けることが一般的です。50万円返したところでもう一度100万円の範囲内でお金を借りよう、別のことに使おうということはできません。

目的別ローンイラスト

フリーローンとは?

お金を使う目的が限定されないローンをフリーローンやカードローンと呼んでいます。目的別ローンと違いローンを申し込むのに何に使うのか用途を明らかにする必要はありません。

申し込み条件を満たし、なおかつ審査にクリアできればその後はたとえギャンブル目的やおまとめローン、事業資金であっても好きにお金を使うことができます。カードローンはたくさんお金を借りるほど金利が安くなる傾向にあるのが特徴です。

また設定された利用限度枠内であれば何度でもお金を引き出すことが可能になっています。たとえば100万円の融資枠が設定された場合、その範囲内であれば100万円を一括で借りることもできますし、20万円を5回に分けて借りることもできます。

さらに返済して枠が開いた分はまた繰り返しお金を借入することができるようになります。


このページを読まれた方には以下のページもおすすめです。