学生のローンの選び方

学生のローンの選び方

学生のローンの選び方

学生さんがローンを利用するときに注意したいのが同時に複数のローン申し込みをしないということです。

手当たりしだい手続きをすることでお金に困っていると判断され、本来であれば通る審査も落ちやすくなってしまうため注意してください。最初はまず1社から2社程度に限定ししっかりと手続きを進めてください。

初めての学生向けローン、どう選べばいいのかといいますと一番確認したいことは貸金業者が信頼できるかどうかということです。

ローンの選び方では金利、無利息期間の有無、借入方法、返済方法、接客対応などを注意する必要があります。

たとえば他の業者よりも何%も利率が安い業者は一見魅力的ですが、返済方法がややこしい、なかなか連絡が取れないといった落とし穴があることもあります。

こうなってしまうとお金を返したいのに返せないという状況が続き、その分の利息がかかってしまうことになるというわけです。

学生可のローンでは単純に年利が激安だということだけではなく、どのようにサービスが利用できるのかなどを総合的に考えて選ぶことがとても大切です。

できれば貸金業者としての実績が長いローン会社を選び、なおかつ分からないことは事前に相談できるかカスタマーサポートの有無などもチェックすることがローンで失敗しない方法です。

複数のローン申し込みは審査に落ちやすくなります。信頼できる貸金業者を探すことも重要

それぞれのローンのメリット・デメリット

学生さんの場合ですと入学金や学費などに使える教育ローン、学生ローン会社、そしてカードローンの選択肢があります。

教育ローンは金利が安いのがメリットですが、一方で使い道がかなり限定されてしまうデメリットがあります。保護者の方ではなく学生さん本人が申し込む場合は別の方法を先に検討したほうが無難です。

学生ローン会社は学生向けとなっているため審査に通りやすいメリットがあります。

ただし学生証が必須となっているためバイトをしながら専門知識を自分で勉強している、予備校に通わず受験勉強しているという方は学生証が無いためローンを利用することはできません。

また返済はATMなどではなく振り込みや来店手渡しという形が取られていることが一般的です。そのため入金手続きの面倒さをデメリットだと感じる方も多くなっています。

カードローンについては学生ローン会社に比べると少し審査が厳しいというデメリットがあります。

しかし一度審査にクリアすれば全国の提携ATMを使っていつでもどこからでも借入、返済が可能です。50万円以下の融資であれば原則として収入証明は不要、初めての方はまず50万円以下で手続きを進めてみるといいですね。

カードローンは借りやすく返済しやすい、そしてカスタマーサポートがしっかりしているというメリットがあります。

教育ローン,学生ローン,カードローン比較イラスト

病気や事故など緊急事態に備えておきたい、上手くカードローンを使ってやりくりしたいという方にはとても頼れるサービスになっています。


このページを読まれた方には以下のページもおすすめです。