2つの返済方法

2つの返済方法

2つの返済方法と違い

カードローンで借りたお金は無利息期間を除き、元金を完済するまでは金利が発生することになります。

賢く活用するには元金と利子の関係性を頭に入れて、どのように返済していくのかしっかりと返済計画を立てておくことがポイントです。基本知識として利息は元金(借りたお金)、金利、借入期間から計算されることを覚えておいてください。

現在ほとんどのカードローン会社で取り入れられているのが毎月一定の金額を返済していくリボ払い。リボルビング払いは借入金額によって、毎月の返済額が大きく変わることはありません。

月ごとにかかる負担が軽く、また返済計画が立てやすい方法として元利定率リボルビング方式、そして残高スライドリボルビング方式などが選ばれています。

カードローンで採用されている返済方式

元利定率リボルビング方式

元利定率リボルビング方式はまず決められた締め日に借入残高が確定されます。

その借入残高に利息をプラスしたトータルの金額を、あらかじめ定められた率(割合)で返済していく方法になります。最低支払金額をミニマムペイントと呼びますが、カードローン会社によってミニマムペイントが決まる率に違いがあります。

この方式は支払いを続けるごとに、毎月のミニマムペイントが小さくなるのが特徴。返済を続けることにより毎月の支払額は減っていきます。

しかし返済する元金自体も少なくなってしまうため、ある程度毎月の返済額に余裕が出てきたところで繰り上げ返済を組み合わせたり、一度一括返済してしまうことが早期完済のポイント。

毎月の負担が少なく返済しやすいのがメリットですが、長期で借入・返済を繰り返す場合は利息の支払いが大きくなる傾向にあります。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式は残高スライド定額方式や残高スライド定率方式などいろいろな計算方法がありますが、基本的には締め日に確定した借入残高に応じ、返済する定額や定率が段階的に変更されていく方式になります。

実際に毎月いくら支払いをするのかは、定額方式、定率方式、さらにそこから元利均等方式、元金均等方式と分類されるためカードローン会社によって違いがあるため注意。

お金を借りるときに大切なことはいくら借りると毎月の返済額はいくらになるのか、どのくらいの期間で支払いするのか、そしてトータルでどのくらいの利子を支払うのかということです。カードローンは返済をすることにより、利用限度額に空きができればまた借入することが可能。

しかし返済方式によっては自分が思っていたよりも利息が大きくかかっていることがあるのです。不安に思うことはカスタマーサポートにしっかりと確認をして、賢くカードローンを活用していきましょう。


このページを読まれた方には以下のページもおすすめです。