学生が組めるローンは?

学生が組めるローンは?

教育ローン

教育ローンとは幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、大学院、専門学校、そして海外留学や資格取得などに関係して発生する費用に充てることのできるローンです。

特に入学金、授業料、受験料、留学費用の支払い目的に借りる方の多い教育ローン、しかしこの他にも学用品購入費用や教材費、実習費などに使うこともできます。利用できる方は就学する人(予定も可)の親権者が一般的です。

ただし金融機関によっては兄弟、学生本人やその配偶者への貸し付けに対応していることもあります。

基本的に契約時の年齢は20歳以上、学生本人の場合は18歳以上となります。最近はカードローンタイプの教育ローンも増えており、融資枠内であれば繰り返し借りることができますがやはり目的は教育のみと限定されています。

教育ローンイラスト

学生ローン会社

奨学金は学力や能力、進学の有無、家庭状況、家族構成などが総合的に審査されるためかんたんに借りることはできません。

そのため学生本人の都合だけでお金を借りたい場合は学生ローン会社を利用することがほとんどです。

教育ローンと違い、学業に大きくかけ離れなければお金の使い道は特に限定されていないのが特徴。

たとえば勉強に使うためのパソコンを購入したい、サークルの活動資金に充てたい、通学に使っているバイクが壊れてしまったので修理したい、予備校に通いたいなどです。

もちろん実際に審査が下りるかどうかはローン会社によってことなりますが、学業に必要だと判断されればお金を借りることができます。ただし高校生と18歳未満の学生さん、アルバイトをしておらず収入の無い方は借りることはできず、また仕送りは収入として計算されないので注意してください。

原則として収入証明不要でOKの学生ローン、だからといってバイトをしていると偽りお金を借りることは将来的に自分の首を絞めることになるので厳禁です。

学生ローン会社イラスト

カードローン

アルバイトをしており安定した収入がある方は自由な目的で使える学生向けカードローンがおすすめです。

カードローンは初めての……というテレビCMでもおなじみのアコムやレイクといった消費者金融に貸付申し込みをすることで利用できるようになります。

たとえばアコムのカードローンは50万円の利用可能額が設定された場合、必要なタイミングに合わせて利用可能枠内で何度でも借り入れが可能です。

目的は学生さんの場合、学業に関係することを目的に限定して借入することが好ましいですが、借りるたびに何に使うのか指摘されることは一切ないので実際には自分の好きなように使うことができます。

どのくらい借りられるのか?ということに関しては収入証明を提出しない場合は50万円が限度。

アルバイトの種類は特に限定されていませんが、できれば派遣や単発ではなく毎月お給料の発生するお仕事の方が審査が受かりやすくなっています。


このページを読まれた方には以下のページもおすすめです。